TOPに戻る サイトマップ | お問い合わせ

 技術紹介>シンプルステインマウスMAX-PO(Rat)について 

2-2.染色結果

一般的な標識二次抗体に比べ、シンプルステインマウスMAX-PO(Rat)は、かなり高感度な検出が可能である事が認められました。また、パラフィン包埋切片においては、バックグランド染色も良く抑えられ、マウス組織に対する非特異的反応は認められませんでした。

HRP標識-抗Rat IgG

抗ラットIgG弱拡大写真 抗ラットIgG強拡大写真

一般的な標識二次抗体を用いた染色。発色反応時間10分を要しても発色は弱い。 (組織:マウス腸間膜リンパ節)

シンプルステインマウスMAX-PO(Rat)

シンプルステインマウスMAX-PO(Rat)を用いた染色写真弱拡大 シンプルステインマウスMAX-PO(Rat)を用いた染色写真強拡大

シンプルステインマウスMAX-PO(Rat)を用いた染色。発色反応時間2分でも強い反応が得られる。 (組織:マウス腸間膜リンパ節)

陰性コントロール

陰性コントロール写真弱拡大 陰性コントロール写真強拡大

一次抗体は反応させずに、シンプルステインマウスMAX-PO(Rat)のみ反応させた陰性コントロール。バックグランド染色もみられず、マウス組織に対する非特異的反応は認められない。 (組織:マウス腸間膜リンパ節)

<戻る |次へ>

Copyright (C) 2015東海大学伊勢原研究推進部 生命科学統合支援センター. All Rights Reserved.