生命科学統合支援センターTOPに戻る サイトマップ | お問い合わせ

センターからのお知らせ

事務室からのお知らせ

医学部教育・研究用機器備品と総合研究機構「研究設備拡充計画」に関する要望機器アンケートのお願い

利用者各位

日頃より生命科学統合支援センターの運営にご理解とご協力を賜り、厚く御礼を申し上げます。先般、研究者の皆様に、申請希望機器のアンケートを実施させていただきました。
ご多忙の折、多くの研究者の方々から回答をいただきましたことに、深く感謝いたします。ここに、その結果とその後の対応についてご報告いたします。
 研究者の皆さまから寄せられた申請希望機器、および当センターで要望する機器を今後申請する候補として選定いたしました。「選定機器一覧」をご覧ください。(中型機器:医学部教育・研究用機器備品に申請予定、大型機器:総合研究機構「研究設備拡充計画」に申請予定)
 申請希望機器の決定に際し、研究者のみなさまに広くご意見をお伺いして、機器整備を図りたいと存じます。「申請機器希望用紙(大型機器用)、(中型機器用)」を下記リンクからダウンロードして記入後、10月13日までにファイルを支援センター宛(ersc@tokai-u.jp)までご返信、あるいは生命科学統合支援センターメールボックスまでご提出ください。
 研究者の皆様のご要望、実験室の利用現況、今後の研究支援等を鑑み、センター内で協議し申請機器を決定いたします。最終申請機器については、当センターホームページ等を通じて、後日ご報告いたします。 ご多忙中、再度の依頼となりますが、趣旨をご理解の上、是非ともご協力いただきますよう宜しくお願いいたします。

・第1回アンケート結果はこちら ・申請機器希望用紙(中型機器用)はこちら
・申請機器希望用紙(大型機器用)はこちら
・選定機器一覧(中型機器)はこちら
・選定機器一覧(大型機器)はこちら
・動物用in vivoイメージング装置(MRI、PETなど)のアンケートこちら

問い合わせ先: 岡田 義則(内線2671)

生命科学統合支援センター
竹腰 進

<2017年度利用申込書 提出のお願い>

日頃より生命科学統合支援センターにご協力、ご理解を賜りありがとうございます。
『生命科学統合支援センター 利用申込書』は年度ごとの提出をお願いしています。
こちらからダウンロードし、当センターメールアドレス  mail address  に
メール添付にて提出して下さい。

各部門からのお知らせ

<動物実験委員会から伊勢原校舎動物実験関係者へのお知らせ>

☆動物実験講習会のお知らせ

2017年度秋期動物実験講習会が下記の日時で開催されます。 関係者(飼育のみの方も含む)は必ず受講してください。(有効期間 5年間) 動物実験計画書の承認は、動物実験計画書申請責任者・動物実験責任者が本講習会を受講していることが必須要件となります。

日時:第1回2017年10月18日(水) 15:30-17:00
   第2回2017年10月24日(火) 18:20-19:50
 詳しくはこちらをご覧下さい。
 

遺伝子組換え実験安全委員会から 伊勢原校舎遺伝子組換え実験関係者へのお知らせ

☆遺伝子組換え実験安全講習会のお知らせ

2017年度遺伝子組換え実験安全講習会が下記の日時で開催されます。基本的にすべての実験者が対象です。

日時:第1回2017年10月18日(水) 14:30-15:30
   第2回2017年10月24日(火) 17:20-18:20
 詳しくはこちらをご覧下さい。
 

☆実験動物施設 利用者講習会のお知らせ

生命科学統合支援センター実験動物施設利用者講習会が下記の日時で開催されます。 初めて実験動物施設を利用する方は必ず参加して下さい。また、1年以上入室していないが近々利用予定のある方は再確認のため必ず参加して下さるようお願い致します。(申込制)

【1号館】開催日: 2017年10月16日(月)、11月 6日(月)、12月 4日(月)、2018年1月10日(水)、2月 5日(月)、3月 5日(月)

【4号館】開催日: 2017年10月16日(月)、11月 6日(月)、12月 4日(月)、2018年1月10日(水)、2月 5日(月)、3月 5日(月)

*1 詳しい説明と申込用紙はこちら(PDF版)からダウンロード下さい。
*2 Excel版参加申込用紙は e-mail でも受け付けております。
 必要事項を入力し、<aniani[at]tokai-u.jp>(※[at]を@にしてください)宛てにファイル添付し、送信してください。確認後こちらからご連絡いたします。

細胞組織部門からのお知らせ

<正立型蛍光顕微鏡Axio Imager M2が更新機器として導入されました>

Axio Imager M2 は、これまでの正立型蛍光顕微鏡(Axioplan 2)に比べ光学品質等が向上し、
より鮮明な画像が得られます。蛍光画像の自動マルチカラー撮影も可能です。

新着
Axio Imager M2(カールツァイスマイクロスコピー株式会社)

ご利用の際は、事前に利用説明を受けて頂く必要がありますので
下記担当者にご連絡下さい。

問い合わせ先:細胞組織部門 光学顕微鏡室 岡田(千) 吉田(内線:2581)

過去のお知らせアーカイブ

Copyright (C) 2015東海大学伊勢原研究推進部 生命科学統合支援センター. All Rights Reserved.