生命科学統合支援センターTOPに戻る サイトマップ | お問い合わせ

センター概要

生命科学統合支援センターについて

生命科学統合支援センター(以下、支援センターと略します) の主要な業務は

  1. 教育支援(実習、討論など)
  2. 研究支援(依頼業務) です。

伊勢原キャンパスのみならず、東海大学すべての研究者の研究を支援しています。 支援センターでは、教員・大学院生等の研究者が共同で利用できる機器や施設を用意し、技術職員の技術や専門知識を生かした研究支援を行 っています。 このような支援体制のもとに、若い研究者の育成の場や情報交換の場としての役割を果たし、基礎医学研究・臨床研究をはじめ広く生命科学研究の支援拠点となる組織を目指しています。

支援センター組織図
  • 核酸部門:核酸の分析、解析
  • 蛋白質部門:タンパク質の分析、解析
  • 細胞組織部門:細胞の分離や分析、標本撮影、電子顕微鏡の画像解析 各種の顕微鏡用組織標本作製
  • 動物部門:動物実験に関連した様々な技術支援
  • 情報部門:データ解析を中心に、情報解析のために必要な技術、ノウハウを提供する
  • 教育支援部門:医学部・健康科学部の学生実習の支援

概要

  • 東海大学の教職員、大学院生、学生およびこれに準ずる人が支援センターを利用できます。
  • 支援センターの業務は、教育支援業務と、受託を中心とした研究支援業務です。
  • 教育支援業務は、伊勢原校舎の教育現場から参加が求められ、必要と判断した場合に、専門技術や知識を持った技術職員が支援を行います。
  • 研究者自らが行うには困難な専門的技術や分析、測定、解析などを技術職員が補助、代行します。
    依頼項目については各部門のページに一覧がありますのでご覧ください。
  • 支援センターは共同利用の機器や設備、専門的な技術や知識を必要とする機器や施設、動物実験施設などを集中化し、これらを管理、運営しています。また必要に応じて助言、実験指導も行います。
  • 支援センターの技術職員が参加することによって研究が効率的に進展すると認められる場合には共同研究を行います。

伊勢原校舎における教育や研究活動に果たす役割を充実させるため、利用者の要望を幅広くお聞きし、定期的に業務内容の見直しを行います。

利用方法についてはこちらをごらんください。

生命科学統合支援センターに対するご質問、ご意見などは、
メール:生命科学統合支援センターmail address
〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143 
電話:0463-93-1121 内線2671 までお願いします。

 

Copyright (C) 2015東海大学伊勢原研究推進部 生命科学統合支援センター. All Rights Reserved.